データ#データ#

881現在のオンライン
103今日の読書
46今日のシェア
多言語ディスプレイ

赤ちゃんはどうして貧血を起こすのですか。

2018-04-25 16:00:06

鉄分が不足すると貧血を起こすことが知られていますが、貧血を起こす原因は一般的なもののほかに、赤ちゃんが大きくなるにつれて母体が持ってくる鉄分や母乳中の鉄分が不足して起こるものや、出生後の障害や後天的なケアが不十分なものなどがあります。

方法/手順です
1

生まれつき貧血を起こす赤ちゃんもいますが、一般的には4つの原因が考えられます。

2

一つはへその緒が結紮するのが早すぎるためかもしれません赤血球が不足して貧血になります;

3

もう一つは血球自体に問題があって貧血になる場合です

4

三つ目は遺伝性疾患による貧血の可能性です。四つ目は、母親自身が妊娠した時に鉄分が不足していると、赤ちゃんが生まれても鉄分が不足してしまい、さらに胃腸障害(下痢など)や新陳代謝の異常などで鉄分の吸収が悪くなり、貧血になります。

5

四つ目は、未熟児では鉄分が不足することがあります。これは、鉄分を蓄えておく時間がないため、先天的に貧血を起こすことがあります。

6

日常生活での鉄分補給の大切さ:上記のような原因で貧血を起こしてしまった赤ちゃんには、今後も日々のケアの中で鉄分補給を心がけていくことが大切です。ですから、お母さん、お父さんとしては、赤ちゃんの体調を常に観察して、必要に応じてヘモグロビン成分の検査をしてあげましょう。軽い貧血の赤ちゃんは、見た目ではわかりません。赤ちゃんのヘモグロビンが低すぎる場合は、貧血を起こしている可能性がありますので、鉄分を補給し、鉄分の多い食事を摂るようにしましょう。例えば、鉄分の入った乳児用粉ミルク、鉄分の入ったお米、鉄分の入ったビタミン剤などです。同時に、ビタミンCを豊富な食品、トマトジュース、野菜のすりおろしなどを補充して、鉄分の吸収を増進します。また、赤ちゃんが固形食を食べ始めたら、鉄分の多い食べ物を与える必要があります。鶏卵の黄身、お粥、雑炊などですが、鉄分の吸収を阻害する砂糖を与えるのは避けましょう。

推奨情報