データ#データ#

1325現在のオンライン
60今日の読書
37今日のシェア
多言語ディスプレイ

地震が起こったらどうしますか。脱出する10の方法ですか?

2018-05-04 03:12:26

地震は今のところ、人間が避けたり抑えたりすることはできませんが、ちょっとしたスキルを身につければ、災害から被害を最小限に抑えることができます。地震は今のところ、人間が避けたり抑えたりすることはできませんが、ちょっとしたスキルを身につければ、災害から被害を最小限に抑えることができます。

方法/手順です
1

ご自身やご家族の身の安全のため、机などの頑丈な家具の下に隠れています。大きな揺れの時間は約1分です。まずはご自身とご家族の身の安全です。まず、重心が低くて丈夫な机の下に隠れて、机の脚をしっかりつかみます。身を隠す机などがない場合は、どうしても座布団などで頭を保護します。

2

揺れたらすぐに火を止め、火事になったらすぐに消します。大地震の場合、消防車に頼れないケースもあります。ですから、私たち一人ひとりが火を止めたり消したりする努力をすることが、地震被害を最小限に抑えることができるかどうかの重要な要素になります。

3

このページは自分の経験から得ました

4

ドアを開けて、出口を確保します。鉄筋コンクリートの家などでは、地震の揺れでドアと窓がずれてドアが開かず、人が家の中に閉じこめられてしまうケースがあります。ドアを開けて、出口を確保します。

5

屋外の場合は、頭をしっかり保護して危険な場所を避けます。大地が大きく揺れて立っていられないとき、人は何かにしがみついたり、つかまったりする心理があります。身近な門柱や壁が支えの対象になることが多いです。しかし、丈夫そうに見えるものが、実は危険なのです。

6

デパートや劇場ではスタッフの指示に従って行動します。デパートや地下街など人が多い場所では、混乱が起きるのが怖いです。ビジネスマン、警備員の指示に従って行動をお願いします。

7

自働車(相場コーナー)は路肩に駐車して、制区域は走行禁止です。大きな地震が起きると、車はタイヤの空気が抜けたようにハンドルが握れず、運転しにくくなります。十分に注意して、交差点を避けて車を路肩に寄せて止めなければなりません。避難している人や緊急車両の通行の妨げにならないよう、道路の真ん中を空けます。

8

山崩れや落石、津波には十分注意が必要です。山沿いや急な傾斜のある場所では、山崩れや落石の危険がありますので、速やかに安全な場所に避難しましょう。

9

避難するときは徒歩で、持ち物は必要最小限です。地震によって発生した火災は、燃え広がり、生命の危机、身の安全などの状況が発生した場合、避難の措置を取ります。避難の方法は、原則として市民防災組織、町などの単位で、担当者や警察官などの案内のもと徒歩での避難とし、持ち物は最小限とします。車や自転車を利用した避難は絶対にできません。

10

デマを信じてはいけません、軽挙妄動してはいけません。大地震が起きたとき、人は心理的に働きやすく混乱を防ぐためには、一人ひとりが正確な情報に基づいて、冷静に行動することが大切です。

注意事項です

、警察、消防などの防災机関から直接得た情報を信じて、無責任なデマを鵜呑みにせず、軽挙妄動しないことです。

推奨情報