データ#データ#

1053現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

人の体の害に対してどの種類の塗料は大きいですか?

2018-04-30 00:00:01

みんな、いつも触れ合っています。塗料といえば「トルエン、キシレン、エコなどの代名詞」が思い浮かびます。ここでは塗料の有害性について簡単にご紹介します。

方法/手順です
1

第一種のエチレングリコールエーテルとそのエステル類溶剤塗料、この類は直接人体に対して殺傷作用があって、人が長期に接触する限り、重いのは血液、リンパを損傷させて、更にひどいのは生殖系統に対しても巨大な危害があります。

2

第2種はアミノの漆の塗料を持つので、もしこの塗料でドアを塗って、窓を塗って、道の人は歩いてすべてかぐことができて、時にはいぶした人の頭はめまいがすることができて、目は開けていないで、危害は明らかに明らかです。

3

第三の防食塗料は、時には追加の機能が要求され、船舶用塗料は、海藻を殺すことが要求されるため、有毒物質を入れなければなりません。重金属の物質に加入して、長期的にいくつかの近くの労働者を毒害することができます。

4

第四はトルエン系の塗料ですが、これは短期的なものではなく、長期的なもので、徐々に毒素が蓄積していきます。それで体の調子が悪くなったり、口がふさがらないような感じになったりするのですが、それがたまってきて問題が見つかってからでは遅いのです。

推奨情報