データ#データ#

599現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

いつ子供を学校に送るのが適当ですか?

2018-03-27 12:48:31

2~4歳は赤ちゃんの入園年齢の目安です。二歳以前に幼稚園に通わせることも、四歳以降に幼稚園に通わせることも、赤ちゃんの生理的・心理的発達にプラスの面とマイナスの面があります。多くの保護者はこの時期、いったい赤ちゃんは何歳くらいがいいのでしょうか?2歳前後の赤ちゃん入園:プラス効果:適応が早いです。2歳前後の赤ちゃんの自発的な探索のニーズは非常に大きいため、幼稚園が提供する非家庭外の探索の環境は、通常、科学的で合理的に赤ちゃんの探索心を満たすことができます。マイナスの効果:赤ちゃんとお母さんの感情的な隔たりが生じやすくなります。2歳頃は母子分離不安期です。親子関係がうまくいかないと、赤ちゃんは非安全な愛着行動をとり、その後のeqの発達にも影響を及ぼします。4歳前後の赤ちゃんの入園はプラス効果:仲間を求める行働が現れ、自発性が増加します。マイナス面:大人の意識にとらわれないことが多く、新しいことを受け入れることが難しくなります。3歳までは無意識の受容、全心理的受容だったのですが、3歳以降は能動性が増し、自己閉鎖的な小世界が形成されます。しかも遅い入園の赤ちゃんは、自立力が弱いのです。保護者の立場から考えると、幼稚園を選び、幼稚園に送る時、保護者は十分な心の準備をして、送り迎えの時間を手配しなければなりません。さらに重要なのは、自分の余暇の生活を手配して、赤ちゃんの世話をしないで、時々赤ちゃんの様子を聞いたり、幼稚園に赤ちゃんを見に行くことがないようにすることです。大人の心理がうまく調節できていないと、赤ちゃんの入園気分に影響し、先生の正常な授業にも干渉します。家庭から考えると、赤ちゃんが育ちやすい環境ではないということもあります。もし家庭の中で隔世代が赤ちゃんを持つならば、老人は比較的に子供を甘やかして、正確に赤ちゃんの欠点と不足を指摘することができなくて、赤ちゃんに影響して是非の弁別能力、良好な習慣の養成に不利です。この時は、幼稚園で正規の教育を受けさせたほうがいいでしょう。ベビーシッターが赤ちゃんを育てる家庭もありますが、教育の方法や考え方が遅れていたり、ベビーシッターの文化的素質が低かったりすると、赤ちゃんの箇性の発達に影響します。そのため、早く幼稚園に赤ちゃんを送るのに適しています。専業ママの場合、家族構成が比較的簡単で、赤ちゃんが必要なおつきあいがなく、孤独な家庭でも、幼稚園に通わせるのは適しています。赤ちゃんの角度から赤ちゃんの生理と心理の条件はすべて赤ちゃんを備えて2歳になって、自分の意識の萌芽が現れ始めて、彼は社会の交際が好きになって、同時に赤ちゃんも独立して歩くことができて、言語の能力もとても高くなって、日常の用語を聞くことができます。コントロール能力もあり、協調性も抜群です。この時、赤ちゃんを幼稚園に送るので、幼稚園の先生に過度な仕事のストレスを与えることはなく、赤ちゃんの入園机会は比較的成熟しています。そのため、赤ちゃんが2歳になった後で、そして一定の生活の自理能力を備えて、同時に、両親も赤ちゃんが幼稚園に行くことを望んで、赤ちゃんが園に入るのは最も適当です。

推奨情報