データ#データ#

1989現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

目を保護する方法は何ですか?

2018-05-04 00:00:59

1、塩水で目を洗えば角膜炎を予防できます。塩水で目を洗えば角膜炎を予防できます。角膜は「黒目」の前にあり、正常な時は無色、透明です。角膜炎の多くは、目の衛生をおろそかにしていることが原因です。1日1回、竹の塩水を消毒用の綿棒につけて目を洗うことも有効です。洗い流した後は、目の縁の竹塩水を拭き取るだけです。朝に目を洗うと、さらに効果的です。竹塩水の水割りは1回限りで、複数人で同じ容器の竹塩水を使うのはngです。この方法は『本草綱目』や『神農薬経』にも記載されています。角膜炎だけでなく、他の目の病気の予防にも効果があります。2、目薬の正しい使用方法科学的な操作方法は下まぶたを軽く持ち上げて、薬の水滴を下結膜嚢内に入れて、それから目頭に垂らして、直接瞳孔に入ることを避けて、軽く数秒目を閉じて、目薬を垂らした後に軽く目の内角を押して、目薬が鼻涙を通ってのどに流れ込むことを防止して、胃と腸管の不良反応が生じます。3、顔をよく洗い、まぶたも洗います。空気(水中)が濁った環境に長くいないことです。目の調子が悪くなったら目薬を使うべきです。分量は医者の指示が必要です。一般的な点滴のクロラムマイシン目薬は0.5ml片方の目を保護することができます。4、適当に目を使って一日8時間を超えて本を読んではいけません(まっすぐな腰、本と目の距離40CM)、テレビを見て6時間を超えてはいけません(まっすぐな腰、テレビの距離5M)、インターネットを利用して4時間を超えてはいけません(まっすぐな腰、パソコンの画面の距離60CM)、つまり適当に目を使って、目を疲れさせてはいけません。

推奨情報