データ#データ#

186現在のオンライン
103今日の読書
46今日のシェア
多言語ディスプレイ

IT業界の職業の発展の方向はどれらがありますか?

2018-05-09 20:48:06

現代社会のさまざまな分野を見渡すと、個人のキャリアの方向性は、大きく見ると4つのグループに分けることができます。高い理、低い技能です;低い理、高い技能です;高い理、高い技能です。IT業界ではなおさらです。この4つのキャリアの方向性のうち、理に適っていないもの、スキルが低いものは社会から淘汰されてしまいますが、他の3つはそれぞれに有利な方向性であることは間違いありません。高理-低技能、いわゆる理コースです!IT業界で成功している人の中には、プロジェクトマネジャーやプロジェクトディレクター、そしてトップレベルの人もいます。しかし、この方向にも技術の面での蓄積が必要です。なぜなら、理者の影響力の中には、役職から与えられた権力のほかに、箇人人格の面での能力や専門分野の専門能力も含まれており、後者は技術レベルだからです。コンピュータ業界自体も、キャリアの発展に技術の重要な影響を決定しますので、若いITの友達は、自分のキャリア人生のためにこのコースを設計したいならば、適切な技術の蓄積に加えて、もっと意識的に自分の理素質を鍛えなければなりません。低理-高技能、いわゆるテクノコースです!IT業界は技術が中心です。技術を究めることが好きな人には、この路線を選んでもいいでしょう。ただ中国の技術と理に対する認識が違うだけで、多くの人は技術をやって儲からない、重視されないと思って、自分はただエンジニアだと勘違いして、やっていることは企業の運営を補助するだけです。実際、欧米の先進国では、ベテラン技術者の給与は非常に高く、長期的なサイクルがあり、マイクロソフトやIBMなどの巨大企業では、50歳以上のベテランプログラマーやシステムアーキテクトも上級管理職並みの給与を得ています。一方、企業が理に適するポジションは限られており、一部の優秀な技術者は理に適さない、あるいは適さないという事実もあります。そのため、社会に出現したベテラン技術者(あるいは類似のポジション)は、技術が好きな従業員に上への通路を提供しています。高理—高技能、つまりコンサルティングの方向性はバランスの取れた包括的なものであり、多くの企業が社員に求めている方向性でもあります。しかし、現実にはさまざまな制約があるため、9割程度が理や専門家に分かれていて、ある程度のレベルまでコンサルティングに到達している人は少ないという調査結果もありますし、そのような数少ないコンサルティングである程度のレベルまで到達している人は、企業の制約もあって個人の価値を十分に発揮できていないことが多いのです。会社を辞めて、プロのトレーナー、コンサルタントになります。マッキンゼーやアンデルセン、ビボなど、世界的に有名なコンサルティングの中には、自分のキャリアが一定の段階に達した時点で、自らのキャリアのボトルネックを突破していくための道筋としているものもあります。

推奨情報