データ#データ#

1989現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

水性リフォーム用ペンキ—古い鏡台を自分でリフォームします

2018-04-18 12:48:08

自分の手で飾り棚をリフォームするのも素敵ですので、実際にやってみましょう。簡単なようで、根気が試されます。

工具/原料です
1

三青水性木器漆、水性漆専用繊維ブラシです

2

スポンジ砂、マスキングテープです

3

使い捨てマスク、手袋です

4

きれい雑巾です

方法/手順です
1

鏡台の引き出しを取り出し、取っ手などの金属をはずします。

2

スポンジの砂の塊で軽く鏡台の各表面を磨いて、表面のほこりを雑巾できれいに拭きます(もし自身の底材が破損しているならば、先に壊れたところを補修して完全な後に塗ることができます);

3

漆を塗り始めます。次の図のように、鏡台や引き出しの端の位置を確保するように、水色の水性木器塗料を選んで塗り始めます。塗装完了後3時間ぐらい乾きます;

4

関連する内容は経験から不法に這いずります

5

黒の水性木器漆を選んで鏡台や引き出しの端の位置に塗り始めます。手順は同3、4です。次の図です。(塗装前にエッジ位置と塗装完了部位の境目をマスキングテープで遮蔽して保護しますので注意)

6

ペンキが乾ききったら、ガムテープを剝がします。ペンキが完全に乾いたら、引き出しの取っ手などの金物を入れ直します。

7

完成イメージです。

注意事項です
1

引き出しの金属製の取っ手は,ブラシで汚れないように,きれいに取り外す必要があります

2

1回塗ったら3時間ほど間隔をあけて2回目を塗ります。

3

必ずペンキが乾くのを待ってから美紋紙を破りますが、乾かないと一緒に剝がれてしまいます

推奨情報