データ#データ#

599現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

灯火の中の中国二声部創作の特徴です

2018-05-13 12:48:20

灯火の中の中国の2声の部の子供の声の版、大衆の合唱の簡譜、ピアノの伴奏の譜があって別に瞭解して、譜は説明して、2声の部の合唱、参考の女性の教師の合唱団と春が遅い版の後期改編の、難度は普通です。童声、女声、群衆合唱に適して、3声部の合唱は女性教師合唱団を参考にして歌って後期に整理して編成します。特殊な視点が舒楠の創作の情熱に火をつけて、彼はとても短い時間で曲を作曲して、ほとんど何の修正もありません。ともしびの中の中国二声部の紹介この歌はあまり考えず、書き始める前から考えていました。私たちは今の中国でとても幸せです。人々の笑顔が灯火のように輝いています。庶民の幸福度を歌った歌だと思います。完成後、舒楠さんは空政文工団にソプラノの王莉さんを招待しました。その後、「春晩」監督はこの歌が初心を忘れないような男と女の掛け合いの形式を踏襲することを希望し、長い間考えた末、一人は通俗的な歌い方、もう一人は民謡的な歌い方の2種類の歌手を選ぶことにしました。そうすれば二人は溶け合うこともできるし、お互いに歌を歌っているような気持ちにもなれるでしょう。そこで彼らの目つきは周深と張也に絞られました。舒楠は、周深の高音は私を驚かせて、彼はhighCまで歌うことができて、音域は特別に広くて、張も先生は彼女の特別に純朴な民歌の歌い方で歌って、2人の配合はとても良いです。

推奨情報