データ#データ#

1325現在のオンライン
60今日の読書
37今日のシェア
多言語ディスプレイ

あなたに漢字を熟知して分けてやっと五筆をマスターすることができます

2018-05-08 06:24:54

五筆入力法は最良の入力法でも最速の入力法でもないかもしれません。しかし、ピンイン入力法には比類のない特徴があります。漢字分けもその一つです。五筆入力法を習得するには、漢字分けを知ることが欠かせません。もちろん、これは難しい点でもあり、練習を重ねて上達していく必要があります。

方法/手順です
1

書き順の漢字崩しは、普通は正しい書き順で行います。例えば:'中'の字、分解して'口、tokki 'は正しくて、規範の書く順序に合うためです;しかし、これを「コン、口」と分解すると間違いになります。

2

大を取ることを「大を取ることを優先する」、「大を取ることを優先する」と言います。「書き順」で漢字をコード化する場合、画数の少ない根を無制限に使うことはできません。「もう一つ画数を足して画数の多い字根にならないようにする」という限度で、毎回その「できるだけ大きい」、つまり「できるだけ多く画数が多い」構成で字根として符号化します。「大きく取ることを優先する」、俗に言う「なるべく前に出す」は、漢字崩しの際によく使われる基本ルールです。

3

この記事は無断で経験を引用しました

4

一つの文字が「連なっている」のいくつかの文字根とも「交わっている」のいくつかの文字根とも見ることができるとき、私たちは「連なっている」ことが望ましいと考えます。なぜなら、一般的に言うと、「交わる」より「つながる」方がより「直観的」だからです。例えば、98版の五筆では、「失」の字は「丿、夫」に、「朱」の字は「丿、未」などに分かれています。

5

筆画と字根の間を分散してつなげることができ、字根と字根の間の関系は「散」、「連」、「交」の三種類の関系を持つことができます。例えば、'提唱'の字の根'フォーチュン、曰、曰'は'散'の関系です。'自'字中の字根'丿、目'は'連'の関系です;「夷」の字の根の「一、弓、人」は「交」の関系です。根と根の関系は、漢字の字型を決める主な根拠です。

推奨情報