データ#データ#

1502現在のオンライン
26今日の読書
39今日のシェア
多言語ディスプレイ

秘密運動サーボです

2018-05-14 00:00:19

働作サーボシステムは、自働制御の範疇ですが、分かりやすいです。簡単に言えば、入力量に応じて出力量が一定の精度で変化するシステムを随働系といい、サーボ系ともいいます。

工具/原料です
1

一定の文化的基盤があります

2

ある程度の理解力です

方法/手順です
1

サーボシステムの構成:1.コントローラ2.パワードライブ装置3.フィードバック装置4です。執行機関(電動などを指すことが多いです)

2

コントローラの役割は、比較し、判断し、命令することです。指令部のようなもので、返ってくる情報や要求を比較します。命令を増やすべきか、減らすべきかを判断します。最後に命令を出します。コントロール量を調節します。

3

パワードライブとは命令信号を実行信号に変換するもので、通常は増幅します。アンプは音声信号を大きな音で再生します。

4

フィードバック装置は、前述したサーボシステムが一定の精度で追従することができますが、フィードバックがなければ実行精度がわかりませんし、調整もできません。100メートル走を走らせても、フィードバックがなければ、実際にどれだけ走ったかはわかりません。

5

アクチュエータとは、システムの実行部分であり、モーターであっても、ヒーターであってもよいのです。実行機構は出力量に対応します。システムが実際に機能するのは実行機関です。

注意事項です
1

サーボシステムは1つの巨大なシステムで、この記事の知識の1つの面からの紹介です

2

より多くのコンテンツを学びます

推奨情報