データ#データ#

186現在のオンライン
103今日の読書
46今日のシェア
多言語ディスプレイ

二段減速ボックスの経験二の設計では問題があります

2018-04-17 00:00:51

減速ボックスコースの設計を経た学生は皆深く体得していて、これは調べ物が多すぎて、計算も長くて、本当にとても煩わしくて、しかし授業の設定のこの段階を経た後に自分がとても大きい収獲があることを発見します。ここでデザインで気をつけるべき点についてお話しします。1計算にこだわりすぎないことです。多くの場合、計算し直しをしなければならないので、あれこれ考えたり計算したりしていると、時間の無駄になって元も子もありません。軸が出てきたら図を描きながら設計するのが正解で、設計と図面は両立します。2.できるだけ設計の時に安全の方面に考えて、課の設定は結局本当の運用が生産の設計ではないため、あなたはまず任務を完成することを保証しなければならなくて、その次にコストを考えて、したがって余地を残すことがとても必要です。3.もしあなたのエンジンと減速ボックスが直接つながっているならば、この時は特に先にエンジン軸の直径を考慮して減速ボックスの軸を設計する連軸器の直径を確定しなければならない、そうでなければ強度の設計によって、軸の大きさは連軸器の最小直径要求よりも小さいかもしれません。4.ボックスを設計する時、ハブの幅を考慮しなければなりません。ハブの幅と歯車の幅は概念に同意しないので、考慮を忘れたら、全部やり直しになりかねません。5.歯車を設計する時、もし斜めの歯車ならば、特に注意して取整の問題、これは労働者の取り付けの便利のためです。6.歯車を設計する材料は45鋼を選びながらでいいので、あまり良い材料を使う必要はありません。7.軸を設計する時、中間が大きくて両方が小さいことに特に注意して、初歩的な間違いを犯してはいけなくて、部品が取り付けられないことを招きます。8.オイル潤滑を採用する場合は、これは、ガイドオイルタンクを追加する必要がありますが、ガイドオイルタンクは、ベアリングが完全にカバーされていない場合は、潤滑の役割を果たすことができません。9.もし脂の潤滑を採用するならば、油の環を振って加入する必要があります。

推奨情報