データ#データ#

881現在のオンライン
103今日の読書
46今日のシェア
多言語ディスプレイ

家の装飾のペンキの検収の技術と基準です

2018-05-11 08:00:14

インテリア、ペイント塗料は、常に使用されている、ペイントのエンジニアリング家庭の顔に関系して、インテリアの表面効果に大きな影響を与えている場合は、ペイントの品質をクリアしていないと、安全問題が発生する可能性があります。そのため、内装工事では、入念な検収検査を行う必要がありますペンキの品質をクリアします。そこで今回は、ペンキの検収テクニックと基準を見ていきます!

工具/原料です
1

ペンキです

2

家の改装です

ペンキ検収術です
1

1、まず外観の上から塗料の情報を検査して、名前、生産住所、商標などは必ず持っていなければならなくて、ある関連部門の検査報告があって、もし3ない製品ならば、品質検査部門に苦情を申し立てることができます。

2

2、材料の品種や色などがその時選んだものと一致しているかどうかを見て、間違いを防止します。色選択カードでチェックすることができます。

3

3、品質の良い塗料は、表面から見て一層が希釈されているので、下の方が濃厚で、攪拌した後に色は正常で、発見した場合は沈殿、かたまりなどの状況で、塗料の品質は問題があります。

4

4、エマルジョン漆は検査に来ることによって、少量のエマルジョン漆を取って水の中に入れて攪拌して、水は濁っていないで、団は接着して現れていないで、品質は良いです。

ペンキ工事の検収基準です
1

木目がはっきりしているかどうかを見て、茶色の目は平らに剃ります;

2

厚さが一致するかどうか、漆の面が飽和しているかどうか、きれいで顆粒がありません;

3

色が一致するかどうかを見て、ブラシの紋がありません;しかも漏れていません、皮が剝がれて、斑の跡、稜を巻いて、流れ墜ちる、しわの皮などの品質の欠陥;

4

表面に気泡、ひび割れなどの現象がありますかを観察します;

5

表面は滑らかでならして、手触りがないかどうか、漆の膜のつやが柔らかいです;

6

木器に隣接した金具、ガラス、壁及び床がきれいかどうかを検査します。

ペンキ検査基準です
1

ペンキ工事に使うペンキの品種、色艶、性能は住民の要求に合うべきで、製品の品質は現行の国家の標準と地方の標準に合うべきです。

2

ペンキ工事用パテは、塗料の品種、性能の要求によって作らなければならず、基体と結合しなければならず、丈夫で、皮、粉化と亀裂ができません。

3

板張りの床、キッチンの棚、つり戸棚、天井には耐水性のあるパテを使います。

4

ペンキの仕事の稠度、それが劇を塗る時流れ落ちないで、紋様を顕わないで準にするべきで、塗る過程の中で、任意に希釈してはいけません。

5

ペンキを塗るには,毎回均一に塗らなければならず,各層はしっかりと結合しなければなりません。

6

細木装飾製品に対して、工は組み立てを製作する時、その塗料は生産製作段階に施すことができて、最後の一回塗料を取り付けた後に施すことができて、現場で組み立てを製作する時、組み立てる前に一回底油(乾燥油)を施して、取り付けた後に更に塗料を塗ります。

注意事項です
1

ペンキの塗布は製品の説明書の温度要求に従って行います。

2

塗布ツールを使用した後、直ちに相応の溶剤の中に浸すべきで、色を混ぜて浸すべきではありません。

推奨情報