データ#データ#

392現在のオンライン
63今日の読書
25今日のシェア
多言語ディスプレイ

トイレットペーパーの多用途です。

2018-04-13 22:24:44

トイレットペーパーというと拭くイメージがありますが、トイレットペーパーの使い道はそれだけではありません。トイレットペーパーには意外な使い方がたくさんあるので、ぜひ学んでみてくださいね。日々の生活にも便利ですよ!

方法/手順です
1

鉄鍋の錆つきを防ぎます。鉄鍋がきれいになったら、トイレットペーパーで鍋に残った水分を拭き取り、トイレットペーパーを敷いておきます。トイレットペーパーは吸水性が高いので、鉄鍋の錆つきを防いでくれます。

2

パンを新鮮に保ちます。パンをそのまま冷蔵庫に入れておくと、しばらくするとひどく湿っていることがわかります。パンを保存する前に乾燥したトイレットペーパーをパン用保存袋に入れておくと、湿気を避けて鮮度を保ちます。

3

トウモロコシの穂を取り除きます。トウモロコシを剝くときに穂が残ってなかなか取れないものがありますが、その場合は皮をむいたトウモロコシに湿ったトイレットペーパーを巻きつけ、軽く回すだけで簡単に穂が取れます。

4

肥料を作ります。トイレットペーパーには炭素が多く含まれており、肥料を作るのに適しています。廃棄されたトイレットペーパーを空気にさらすと、ぷかぷかして気泡ができやすくなりますが、これは有益な微生物の成長をサポートし、自然界の炭素バランスを保つのに役立ちます。

5

硬くなった砂糖や黒糖を柔らかくします。白砂糖や黒糖は日持ちが長いと硬くなってしまい、使いにくい状態になります。この時は、大きなボウルに砂糖のかたまりを入れ、湿らせたペーパータオルで覆い、一晩日持ちさせましょう。湿らせたペーパータオルの湿度は、砂糖が柔らかくなるのを助けます。

6

このページは自分の経験から得ました

7

種子の活性を測定します種をまく前に、湿ったトイレットペーパー2枚の間にはさみ、暖かい場所に置きます。2週間以上発芽しない場合は、種が不活化している証拠です。

8

野菜を新鮮に保ちます。レタスやレタスなどの葉物野菜は、冷蔵庫に保存しすぎると枯れたり黄色くなったりします。野菜を保存する前に、袋の中に湿ったトイレットペーパーを入れておくと、袋の中の水分が適切な湿度に保たれ、野菜の保存期間が長くなります。

推奨情報