データ#データ#

392現在のオンライン
63今日の読書
25今日のシェア
多言語ディスプレイ

肝臓と腎臓の静脈瘤はどのように治療しますか?虚欠損型精索虚

2018-05-08 03:12:04

肝臓と腎臓の虚損型精索静脈瘤はどれらの症状がありますか?肝臓や腎臓の虚欠損型筋ヘルニアの患者は、一般的に睾丸、陰嚢が膨れる不快感や下腹部の痛み、長く立っていると痛みがあります。陰嚢の局部の青筋は暴露して、アンモンとみみず状の曲張性静脈団を伴うことができて、いつも腰の酸があって膝が軟らかい、目眩がして、あるいは手術の後に依然として稀で気が少なくて、力が入りません;舌は薄く苔が薄く、脈は細く力がありません。肝臓と腎臓の静脈瘤はどのように治療しますか?虚欠損型精索虚精索静脈曲張:中国医学文献はこの名がありませんが、臨床表現から筋腫の範疇に属するべきです。その病因は多く肝臓の血の欠損の虚に属すると思って、腎臓の気は不足して、脈絡は濡養で失います;あるいは久立の人、気と血は流行して滞って、結果として鬱血が滞って、脈絡に阻止して、精索静脈状に蚯蚓のようにさせて、陰囊は落ち込んで膨脹して不快です。あるいは痣の毒のもずく結、腎臓の欠損の精弱の致すことができます。治療の原則は化痣通絡益腎精を埋めて、疎肝散結、清熱利湿です。

推奨情報