データ#データ#

392現在のオンライン
63今日の読書
25今日のシェア
多言語ディスプレイ

安全性の欠如は胎教から始まるのです!

2018-04-15 12:48:21

胎教の質は子どもの性格に影響します。強い不安感も、胎教のときにその雛形ができあがり、成長の過程で絶えず刺激にさらされることで形成されます。

近寄りにくい人11パターンです
1

強い不安感は胎教のときにその雛型を作りますが、成長の過程で絶えず刺激にさらされると、強い不安感になります。感情の交流がないときは平気ですが、異性と親密な関係になると、逆に疑心暗鬼になって、いてもたってもいられなくなります。

2

悲運主義の人たちは、パートナーを求め、恋に狂っていますが、心の持ちようはいろいろありますし、頭の持ちようも必死です。彼らは偏執的に悲劇を作り出す、一種の自己サディストです。

3

自由を愛する人というのは、いったん感情が安定してしまえば、自由でなければ死だと思うから、親密な関係を多かれ少なかれ恐れます。

4

このタイプの人は、どこか大雑把で繊細ではなく、異性なら誰でも友達になれると思っていても、深く付き合うことができず、微妙な「情愛」を味わうことができません。

5

志願犠牲者というのはメンタルが弱く、女性に多いです。彼女たちは親密な関系のすべてのステップで、すべて自己犠牲を挿入して、更に自己犠牲のため貴い親密な関系を破壊しました。

6

このページを無断で取得しました

7

愛着が強すぎる人は、相手にしがみつき、押しつぶされて、本来情趣に満ちているはずの恋愛生活を、淡々としたものにしてしまいます。

8

とてもこの類の人を払うことを恐れて愛情に対する見方はとても純潔で、自分の愛情が完璧で慎ましく膨脹することを望んで、そのためだまされることを恐れます。だまされたかどうかはどうやって測るのでしょうか。相手が自分を先に出してくれるかどうかです。このような考え方は、相手の欠点を過剰に指摘して大きくしてしまう現象につながりやすいのです。

9

劣等感が強く、価値があると思っている相手には、自分では釣り合わないと感じ、自分が好きだと思っている相手ほど、コンプレックスに感じ、尻込みしてしまいます。相手のいいところがあるからといって、自分を卑下してしまうので、親密な関係を突破することができません。

10

利己的なタイプの人は、何をするにも「自分の得」を基準にします。強烈な自己意識は、彼に他人のためにいかなる利益を犠牲にすることを許させません。

11

お金だけがいいという人は、お金を至上の地位、すべての価値の上に置いて、お金だけを認めて人を認めません。このタイプの人は、常に他人を疑い、経済的なトラブルを起こすことを恐れます。

推奨情報