データ#データ#

1053現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

夕食にこんな習慣があると、痩せてしまいます。

2018-04-22 19:12:27

子供の頃、「朝は王様、昼は庶民、夜は乞食」という3食のルールを聞かされて育った私たち。しかし、あまりにも速すぎる生活リズムのため、全く逆の方向に進む悪い習慣を身につけてしまった。朝は適当に食べ、昼はテイクアウトに頼って、夜は大食い…。そんな食習慣は絶対にダメです。体に悪影響を与えるだけでなく、ダイエット計画も台無しにしてしまいます。体重を効率的にコントロールするには、次の3つの原則を忘れてはいけません!

<原則1 >夕食のカロリーをコントロールする

ダイエットを成功させるには、3食のカロリーをコントロールすることが大切です。ダイエッターが1日1200キロカロリーを目安にすると、夕食のカロリーは300 ~ 400キロカロリーになります。夕食のカロリーが多すぎると体が消費できなくなり、脂肪が体内に蓄積されて肥満につながります。ENDです

[ルール2]夕食は遅くしない

夕食が遅いと消化に負担がかかり、睡眠の質が低下し、肥満の原因にもなります。夕食は、なるべく午後6 ~ 8時が適切です。残業が必要な人は、食事をしてから残業したり、雑穀粥などで補ったりするといいでしょう。ENDです

<原則3 >夕食は飲み過ぎない

多くの人が朝と昼を食べていないからといって、夕食にドカ食いをしてしまうのは非科学的ですが、心臓に負担をかけるだけでなく、肥満の原因にもなりますから、普通に夕食は腹7分目まで食べて、減量が必要な人は少し減らしましょう。「食事はすぐ寝て、つまらなくて、百病を生む」。夕食を食べすぎると、胃腸の消化が悪くなり、お腹が張ってきて、ひどい場合は胃腸の病気を引き起こすこともあります。夕食はなるべく少なめにして、脂肪分が少なく消化のいいものを食べるようにして、飲み過ぎないようにします。ENDです

注意事項です

夕食は少なめが推奨されていますが、栄養バランスも必要です。日常的なほうれん草、キャベツ、れんごう、冬瓜、ニンジンなどの野菜類は良い選択ですが、胃と腸の負担を軽減し、食べ物の消化と排泄を促進するいくつかの粥で補うことをお勧めします。

推奨情報