データ#データ#

881現在のオンライン
103今日の読書
46今日のシェア
多言語ディスプレイ

地震が発生した時どのように自己救済しますか?

2018-05-04 04:48:01

地震がいつ発生するかを予測することはできませんが、地震の知識を身につけることで被害を減らすことはできます。

工具/原料です

懐中電灯濡れタオル水です

地震と地震被害について簡単にわかります
1

地震波は主に縦波と横波に分けられ、縦波の伝達速度が速くなります。先に上下の揺れを感じた時は、震央に近くて自力更正を急がなければなりません。左右の揺れを先に感じたときは、震央から遠く離れていてもあまり慌てることはありません。

2

地震の主な災害:自己救済の常識が不足して、間に合わないか、または適切な方法で避難してけがをしたり埋めたりしていません。二次災害:地震による火災、水害、有毒ガス漏れ、山崩れ、地滑り、土石流…です。

地震時の適切な避難位置と避難姿勢です
1

室内:1、昼間の中でしかも屋外は広々としていて安全は時間を急いで屋外に逃げるべきです。2、屋外の条件の下で逃げていないで、すぐに丈夫で、容易に倒れない物体を探して体を援護します。丈夫な戸棚の下で、壁の根に立てかけて、地震の時エレベーターに乗らないで、ドアと窓に頼りません。3、高層階は窓を切って逃げてはいけません。

2

屋外の公衆の場所:1、服従の統一の調合の理、無断で盲目的に地震を避けてはいけません。2、変圧器や看板を避けて、けがをしないようにします。3、野外は橋や湖や山から遠く離れて、すぐに開けたところに逃げます。

3

姿勢を避けます:1、体はできるだけ低くうずくまって、体の重心を下げます;2、手当たり次第に衣類、タオルで口と鼻をふさいで、ほこりを避けてむせて窒息します;3、そばの物をつかんで、体を固定して、なければ、手で頭、首を守ります

埋められたらどうするんですか?
1

泣いたり焦ったりするのではなく、生きる意識をしっかり持ち、頭を早くスッキリさせることです。

2

体にかかっている重いものからできるだけ抜け出し、体の周りを支えてくれるスペースを探します。

3

可能な場合は手や道具で通路を掘って脱出します。

4

脱出が無理だったり、体力が必要だったりする場合は、できるだけ風のある場所、光のある場所に移動します。

5

生命維持のためのエネルギー補給のための食料や水を可動空間で探しています

6

助けを求める方法:壁をたたく、道をたたく、ホイッスルを吹く、懐中電灯を使うなどの方法で外界と交信します。

注意事項です
1

地震の時に慌てないで、自分がどのように危険を避けるべきかを知っています。

2

一般的に地震は余震を伴いますので、急いで外に出ないようにしましょう。

推奨情報