データ#データ#

1053現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

ステッピングモーターを一度逆回転させて停止するプログラムはどのように制御しますか?

2018-05-10 00:00:47

メーター制御を使ってステッピングモーターを一度正回転させて停止させるのは簡単ですが、プログラミングができないのでPLC制御はできないという方も多いかもしれませんが、ここではメーター制御tpc4-4tdのコントローラを例に説明します。

工具/原料です
1

パソコン:パソコン一台、機能設定としてのツールです。win7が最適ですが、XPやwin10でも使えます。

2

スイッチング電源:24Vスイッチング電源1台です。

3

コントローラ:表控tpc4-4td一台です。

4

ケーブル:USBケーブル1本です。

5

ステッピングモーター:ステッピングモーターがあります

方法/手順です
1

1、表を使ってtpc4-4tdのコントローラを制御して実現することができて、下図を参照して配線します:配線は簡単で、配線線図を参照して配線します。テーブルとドライバの配線は3本しかありません。5V、Y1、Y2はステッピングモータードライバの入力信号端を、5Vはステッピングモータードライバの入力信号の正極を、Y1はパルス入力信号の負極を、Y2は方向入力信号の負極をそれぞれ接続します。

2

2、機能設定パソコンの機能設定シートに設定されている、表と裏の回転機能を参照してください。

3

1行目にX1をスタートスイッチとして、Y1から2000ヘルツのパルスを出力します。パルス数は2000です。ドライバセグメンテーションを2000に設定した場合、セットパルス数を2000にして一回転好転させます。2行目は1秒の遅延時間を正回転間隔の時間とします。3行目にY2出力方向信号を10秒間設定し、パルス終了時にオフします。4行目は1行目と同じように設けられており、2行目に3行目の方向出力端子を遅延させて起動するため、3、4行目を反転させる機能を果たします。一回転して元の位置に戻ります。次の図は自動生成された漢字表示です。

4

この文章は自分の経験から得ました

注意事項です
1

メーター操作は機能が多いので、詳しく知るには説明書や動画、設定例の記事を見る必要があります。

2

現場の配線は正しい配線を保証して、出力過圧と過流してはいけません。調整する時設備と身の安全に注意します。

推奨情報