データ#データ#

1989現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

夏の蚊帳の選び方です

2018-04-16 22:24:47

蚊は夏に最も大手を振るうので、家の中の赤ちゃんの皮膚は最もデリケートで、抵抗の能力は比較的に弱くて、蚊に対して予防することはでき(ありえ)なくて、一部の赤ちゃんはいつも蚊に刺されて大きい包みを出します。赤ちゃんにとって一番いいのは蚊帳をつるすことです。ですから、夏になる前に、蚊から身を守るためのお仕事をしておきましょう。では、どのように蚊帳を選び、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

方法/手順です
1

生地の材質は赤ちゃんの蚊帳を選ぶ時、できるだけ網状のものを選びます。こうすると蚊の侵入を防ぐことができて、風通しがよくて、赤ちゃんがより自由に呼吸できることを保証します。また、空気中に落ちてくるほこりを効果的に吸着することができます。帳布も丈夫で、つやつやしていて、密集していて、糸が引きにくく、洗濯も長持ちしなければなりません。

2

赤ちゃん用のベッドの形は各家庭で異なり、丸いものや四角いものがありますが、蚊帳を選ぶ時、どんなものが適しているのでしょうか?このような場合は、ドーム型の蚊帳がおすすめです。中が広いので、ベビーベッドにも使えます。上にも立派な天井がありますよ。

3

蚊は穴の大きさによってあちこちに出没しますが、穴が大きいと隙をついてしまいます。蚊帳の穴の直径が1ミリ程度のものを選ぶと、蚊は「見る」ことしかできなくなります。

4

開口部が小さい蚊帳もありますので、赤ちゃんが入ってくるのに少し手間がかかります。赤ちゃんが出入りしやすいように、開口部が大きめの蚊帳がよいでしょう。

5

その情報は経験から得られます

注意事項です

いずれにしても、上記の選び方をしっかり覚えておいて、好きな赤ちゃん蚊帳を手に入れることができると思います。また、たくさんのお買いものをしていただければ、より多くのチャンスで手頃な赤ちゃん蚊帳を手に入れることができます。どのように選んでいいか迷っている方は、リンクを参考におすすめのアイテムをチェックしてみてはいかがでしょうか。最後に、皆さんの生活が楽しくなりますように。

推奨情報