データ#データ#

1053現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

口の中はどう守るべきですか

2018-04-27 20:48:54

口腔は私達の食の門で、もし口腔に問題があれば、食べ物の出入りに影響しやすくて、だから私達はきっとよく口腔を保護して、その衛生清潔にさせます。

工具/原料です
1

保護します

2

口腔です

方法/手順です
1

このページは経験から不正アクセスしました

2

つまようじやデンタルフロスを使って歯の間に残った本物のカスを取り除きます。食べ物のカスが歯に残っていると腐臭がして歯の健康が悪くなり、口臭が出てイメージが悪くなります。

3

脂っこいものは控えます。脂性の食べ物を多く摂ると、口内に粘液が溜まりやすくなります。

4

薄い塩水でよくうがいをします。塩には殺菌や消炎作用があり、常に薄い塩水でうがいをしていると、口の中の見えない細菌を防いでくれるので、口の中の衛生にもつながります。

5

ほどよい瀉火です。下痢でないと口の中から臭いが出てしまい、自分のイメージが悪くなってしまいます。

6

熱すぎると唾液腺の機能が損なわれ、唾液腺が破壊されると細菌の吸収とコントロールが阻害されます。

推奨情報