データ#データ#

1741現在のオンライン
26今日の読書
39今日のシェア
多言語ディスプレイ

子供が書道を習うにはどうしたらいいでしょう

2018-03-26 19:12:41

子どもが書道を習うというと、まず「趣味を育てること」と言われることが多いですが、私は「趣味を育てること」にはあまり賛成できません!みんな小さい頃からやってきたけれど、あなたの「いろんな趣味」は大人が「育てる」ものですか?興味とは興味のことで、ものごとを好きになったり気遣ったりする気持ちです。心理学では、人が物事を認識し、その活動に従事しようとする意識的傾向を指します。それは物事や活動に対する選択的な態度、ポジティブな感情的反応として現れます。興味は人の実践活働の中で重要な意味を持って、人に注意を集中させることができて、愉快で緊張した心理状態を生みます。興味は必要に基づいています。大人が「育てる」といっても、子どもは「必要」と思わないから「興味」を持たないのであって、「興味」を感じるのは「おざなりな」だけであって、本当の興味は育てるのではなく、生まれ持って「必要」であるからです。あなたが彼に恋人を紹介して、彼らの感情(お互いの趣味)を「育てる」ことに成功するとは限らないでしょう。それは子どもの感情の「必要」によって決まるのです。技能の学習は必ず「箇人的な興味」で決めなければならないのではなくて、「社会の需要」で決めて、書道を習うのは「箇人的な興味」があるのが一番良いですが、現実の社会の「社会の需要」は私達が直面しなければならないのです。だから書道は「いかに早く要領をつかむか」、つまり「要領をつかむ」ことであって、「興味を持つ」ことではありません。もちろん「興味がある」ことで効果は倍増します。次に習字はどのようにすればもっと早く要領をつかむことができて、私の意見を話します:よく毛筆の字を学びたいです、正しい筆を選びます、正しい紙を選びます、運用します正しい臨帖の方法。この3つが大事です。硬字を身につけるには、正しいアプローチが大切です。(毛筆字)正しい筆を選びます:筆の種類はたくさんありますが、初めて勉強する時、「兼毫」の湖筆を選んでほしいです。両方の湖のペンのため、ペンの芯は硬くて、掌握しやすくて、あなたの後の学習に対してとても重要です。筆のピークを選ぶ時、私達は適当な長さを選ぶべきで、筆先が長すぎて掌握しにくいので、しかし筆先が長くてたくさんのインクを含んで、適して書く」草書体「一気呵成」、筆先が長くて墨の間に合うことを保証することができて、逆に、筆先が短くて楷書を書くことに適して、掌握しやすいです。碑帖を模写することも考慮して筆を選びます。「その家の筆で、またその家の字を書く」というのです。使用したのはあの1種のペンであることを判断して、直接彼の筆跡を見るのは最も良い方法です:風格の健勁の、選んで健毫;姿は肥えていることに媚びて、柔らかい毫を選びます;剛柔分けがたいものは、両方を選びます。筆の特性も書法に影響を与え、書道の妙境を極めます。もう一つは、フォントの大きさですが、大きな字は大きな字で、小さな字は小さな字で書きます。小さい筆で大きな字を書くと筆が傷みやすくて使えないし、大きな字で小さな字を書くと少し「鶏を殺して牛刀を使いました」。(毛筆の字)正しい紙を選びます:初めて書道の益を使って毛辺紙、元書紙、一定の成績の後で更に宣紙を使います。毛辺紙は生産の竹紙で、紙の質は繊細で、薄くて柔らかくて、淡い黄色を呈して、水に抵抗する性能がなくて、託墨の吸水性がよくて、字を書くのに適して、また印刷する古典に使うことができます。産の毛辺紙、2つの主要な種類に分けて、1つは手の毛辺、生地は柔らかくて、厚くて繊細で、色は浅黄色で、両面の手触りは同じで、柔らかい竹のパルプで手で作ります。吸水がちょうどよくて、書き心地がとても良くて、広大な書道の好きな人がとても好きで、練習のための実のある品種です。元書紙は竹紙の一種です。古くは赤亭紙といいます。その年に生まれた若竹を原料に、手作業で作られた筆で書かれた用紙です。主に市で生産されます。謝公紙あるいは謝公箋と呼ばれます。特徴は、白くて、やわらかくて、竹の香りを少し含んで、水に落ちて溶けやすくて、墨が染み込まないで、久蔵が虫食いしないで、変色しません。古代で書画に使用して、公文書を書いて、簿帳を作りますなど;新中国の建国後は、主に学生の書画簿、壁紙などに使われました。また、上等の包装紙にもなります。宣紙には生宣、半熟宣、熟宣があります。生宣吸水性と性はすべて強くて、豊かな墨韻の変化を生みやすくて、その行溌墨法、積墨法で、水を収めることができて墨を気絶させて、水走墨流の芸術効果を達成します。写意の山水はそれを多用します。熟宣は加工時にミョウバンなどで塗ったもので、紙が生宣より硬く吸水力が弱く、使用時に墨や色が散ることがありません。そのため、水墨ではなく工筆画を描くことに慣れています。半熟宣も生宣から加工したもので、吸水力は前二者の間にあり、細筆に適しています。(毛筆字硬筆字はすべて適します)正しい臨帖方法:書道は篆書、隷書、楷書、行書、草書の五体があって、ほとんどの人と私はすべて初心者は楷書を基礎にすると思って、しかしある人は隷書から学ぶべきだと思っています。楷書の構造の並び方は、ちょうどその中間にあたります。それは隷書から変化してきたもので、楷書を平たく書くならば、波磔の筆法を加えて隷書です。簡便に流動的に書いたのが行書で、行書を簡便に草化したのが今草です。隷書から始めていたら、楷書の筆法は隷書よりも豊かで複雑でした。このように、楷書の基本を身につけることは、書体練習の基礎となるのです。楷書の腕前があって、楷書の間架構造と筆法を掌握して、更に魏碑を書いて、隷書と行書、草書です。さらに篆書であれば、事は倍増します。楷書はまた魏碑、隷書の結体の筆法を豊かに変化させることができて、諸遂良の楷書のようです;楷書湛えて人行書、草書で気品が霊は増加し、例えば赵孟𻖯のいくつかの楷書一部の初心者は急いで行書、草書を練習して、楷書の基本功力がないため、楷書の「竜飛鳳舞」を書くが、しかし字型の基本的なしきたりと点画の基本功力がなくて、結果は事が倍功半で、回り道を歩いてしまいました。楷書を練習する一番良い方法は臨貼です。実は臨貼はどれでもいいです。自分の好みによって碑貼を選びます。顔、欧、柳、趙でもいいですが、碑貼を買う時はできるだけ質の良い字貼を買います。帖を選ぶ基礎の上で、帖を読む、模写する、臨帖する、背帖する、創作するの五歩を経なければなりません。[ステップ1]漢字の読み方は誰でも知っているので、読む必要はありません。何を読みますか?字形を読んで、構造を読んで、筆画を読んで、字の筆画の特徴と筆画間の相互関系を分析します。例えば、漢字の「中」を読むとき、「中」の縦が「口」の真ん中を通り、「口」はやや平べったくなっていて、真ん中の長い縦が「口」の下の横によって長さの等しい二段に分かれ、その上の段が「口」の上の横によって長さの等しい二段に分かれています。これが字形を読み構造を読みます書体によって、筆画の特徴が異なります。第2ステップです。「描」とは「紅を描く」ことで、初心者が印刷した赤い字の上に、筆跡に沿って筆で書きます。摹写帖とは透明な紙を範字の上に重ねて、紙の影に沿って一画一画書くことで、擬影写とも言います。第3ステップです。字を横に置いて、それを見ながら一字一字書くことで、字の意味をつかむのには有利ですが、字の構造をつかむのは難しい方法です。第四歩背帖です。臨帖の上で字を抜き、自分の記憶をもとに字の字を思い出して紙に書く方法です。これは字を上手になるための大事な一歩で、書いた字を吟味し、吟味し、確信を持って、正確に書くことができるのです。字を書く時、白い紙の上に漢字を書く正確な字形を見ることができれば、「字は紙に、字は胸に」書くことができて、ペンを引くのは赤いようで、上手な字を書くのは問題になりません。第五歩アウトです。見本に書かれた字の書き方をマスターした上で、見本に書かれていない字の書き方を、類覧して悟ります。自分の表情達意の必要に応じて、内容のある、自己流の文章を書くのが創作です。普段の勉強生活の中で、見本に近い字を書くことができれば、あなたの習字の目的は達成されます。習字姿勢:習字は字を書く姿勢と執筆の方法に注意して、「頭正、身直、腕開、足安」をします。一般的な手帖には、書く姿勢や執筆の仕方が書かれています。

推奨情報