データ#データ#

1502現在のオンライン
26今日の読書
39今日のシェア
多言語ディスプレイ

高3の学習生活の中でどのようにエネルギッシュですか?

2018-05-15 03:13:00

楊先生:こんにちは!先生の日おめでとうございます!!私は高校3年生の生活に入って1ヶ月になりました。この補習の段階はとても充実していると思います。今私は始めて時間が足りないことを発見して、私もあなたの提案を聞いて、学習計画を制定して、しかし私の計画の時間の手配がよくないかどうかを知らないで、あまり効果がないようで、私は本当にどのように時間を手配して良いことを知りません!!それから学校が始まる1周間の元気はとても満ちあふれていて、しかしだんだんと感じて疲れました。(授業は週に7日で、休みは土曜日の夜と日曜日の午後だけです。)体育は週に1回しかありません。ふだんはあまり運働しません。どうすればそんなに疲れないんですか?これからが高校三年生の始まりです!どうしますか??助けてくれませんか?ありがとうございます。——悩みの知知知知学友:こんにちは!高校3年生の学習計画の問題について、私はまず先生から出された各科目の宿題を完成しなければならないと思います。今日の授業は国語、数学、英語、物理、生物の5科目があります。国語は暗記して練習帳を完成する必要があります。数学は1枚の答案で、問題の量も比較的大きいです、それでは私達はそれを午後の自習時間に置きます;英語はあなたにとって比較的簡単ですから、授業の間に完成します;物理や生物の宿題は夜の自習でやります。同時に、授業の前に3~5分の時間をかけて、しっかり予習をして、消化します。毎日の残り時間(つまり夜の自習の後、ベッドに入るまでの時間)を月曜日は国語の数学、火曜日は物理の英語という週次スケジュールにしました。水曜日は化学生物学です木曜日に抜け漏れをチェックするなど、時間が足りなければ1日1科目に調整しますが、どこまで復習するかは具体的に決めます。きっと時間を用意していただけると思います。私たちの高校3年生の同級生にとっては、時間を最大限に活用し、時間の活用度を高めることは、学習成績の向上にとって何の疑いもありません。ただし限度があり、それを超えると「疲れて勉強に夢中になって先生の話が聞けなくなる」という「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉があります。勉強ばかりして、トレーニングを怠り、休息を怠り、疲労戦をして、脳の「読み書き保護」をしているのかもしれません。休息を知らない者は勉強も仕事も知らないと言われています。勉強や仕事をリズミカルに進め、無駄な時間やエネルギーの消耗を避けるためには、毎日の勉強以外の時間を科学的にコントロールし、必要な睡眠、活働、休息時間を確保する必要があります。毎日昼食に20分、課外活働に30分の運働をすれば、脳の低酸素状態が改善され、人間関系の不足による鬱憤やイライラを解消することができます。次に、楽天的で心の広い箇性を身につけることです。楽観的な人は、自己満足がよく、生命力が旺盛で、エネルギッシュで、効率的で、心身ともに健康で、生活も幸せで、仕事も成功しています。第三に、食事の質を重視して、良質に栄養を利用します。1日に最低1袋の牛乳(またはヨーグルト)と1個の卵を摂取します。50 ~ 100グラムの肉、魚肉、水産物、赤身の肉は、良質なたんぱく質を十分に供給し、大脳皮質の生理状態を良くします。いくつかの黒ゴマ、クルミ、ひまわりの種、松の種、ピーナッツ、アーモンド、大豆などの食品を増加して、脳組織の正常な更新の代謝を維持するために必要です;普段から果物や野菜、大豆製品、昆布、のりなど、特にアルカリ性食品を摂ると、疲労回復や記憶力向上に効果的です。第4、きっと合理的に脳を使うことをマスターして、脳を使うことが上手で、どのように適切に学習と休息を調節することを分かります。科学は脳の労逸を使って結合して以下の何種類の方法があります:①毎日1時間の運働の時間を保証します;②1日7時間以上の睡眠をとることです。③二つの学習活働の間に生活、労働などの他の活働を配置すべきです。④学習時間が長い場合(90分以上)は、2教科(できれば文理科)の間引き復習、または2教科(読解と解き方)の間引き学習を行います。食べ物では、ある味をよく食べると食欲が小さくなり、好みを変えると食欲が増すという経験があります。脳の活動機能も「好み」と同じで、ある単一の活動を長時間続けていると、大脳皮質の活動野である「食欲」が小さくなり、当然学習効率が低下します。集中力のリズムに合わせて勉強の内容ややり方を切り替えていけば、脳の疲労野を休ませ、休息野で仕事をさせることができますから、脳の疲労野を休ませることを妨げず、脳の「食欲」を増進させることができますから、当然、学習効率を高めることができます。間間復習や間間学習には、次の2つの方法があります。①教科ごとに復習時間を交差させること。国語、数学、外国語、生物、物理、化学などの科目は文理を交差させる形で配置し、1科目の復習を長時間行わないこと。②それぞれの学習形式を交互に配置し、覚える、問題を解く、読む、知識を整理するなどの活働を交互に配置します。こうすることで、勉強の効率が格段に上がり、効果が倍増します。個人差があるかもしれませんが、自分の状況に合わせて調整し、疲労戦にならないように心がけましょう。第五に、心を整えることを重視します。エジソンの有名な言葉があります。「一人の人間とは、一日中考えていること……違うはずがないじゃないですか」つまり、人は自分の中で考えていることがすべてなのです。人間の頭というのは、インプットした情報が結果を生む魔法のようなものなのです。あなたは心の中でとても疲れると思って、それでは疲れて、だらだらしてあなたの体で表現します;自分が「元気だ」「元気だ」と思えるようになると、あなたはとても元気で、生き生きとしています。だから私は、思考は私たちの特性を作ると言いました——私たちの運命は、私たちの思考に完全に決定されます——幸せについて考えるなら、幸せを得ることができます。もし私たちが悲しみを考えているならば、私たちは悲しみます;仲間がたくさんいると思えば、現状を変えて新しい生活をつくっていくうえで、多くの人が協力してくれるはずです……ですから、成功学において重要な法則は、「あなたはあなたが思っているような存在ではなく、あなたはあなたが思っているような存在である」ということです。以上はただ本人のいくつかの意見と提案を参考にしてください、あなたの友達の楊永竜はあなたの学習の進歩を祈ります!

推奨情報