データ#データ#

881現在のオンライン
103今日の読書
46今日のシェア
多言語ディスプレイ

エンジンメンテナンス:エンジンに関する誤解です

2018-04-28 03:12:19

エンジンはクルマの心臓部ですから、もしエンジンが壊れて動かなくなったとしたら、新しい部品に交換しない限り、そのクルマは基本的にダメになってしまいます。同時にエンジンのメンテナンスの時、もしエンジンの構造の性能の方面に対してとても言えないならば、できれば分解しないで、盲目的に分解して多くの隠れた危険が存在します。よくある間違いについて具体的にお話しします。

画像です

関連するコンテンツを無断で収集しました

手順/方法です。
1

エンジンの温度は恐くありませんか?高くて低いですエンジンの温度が上升するのはもちろん机械に対してとても大きい影響があって、実は、エンジンの温度が低い時危害もとても大きいです。エンジンの寿命を保証するためには、車の取扱説明書に規定された正常な温度に従って運転しなければなりません。ですから、エンジンの温度が高すぎたり、低すぎたりすると、車に与える影響は大きいです。

2

ポンプファンベルトがもっときつくて良いですか?この説は間違いありません。何事も絶対にしてしまうと極端になってしまいますから、ベルトはきければいいというものではありませんし、緩ければいいというものでもありません。ベルトがきついだけでなく、ベルトの寿命を短縮することができ(ありえ)ますが、張力が大きすぎて、机軸、ポンプ軸変形曲げやベアリングの早期破損を招きます。自働車のエンジンファンのベルトの伸縮度は技術の要求に合うべきで、普通のベルトの組み立て時たわみ度は10-15mmが適当です。

推奨情報