データ#データ#

1989現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

突発事故の処理2:火災に遭ったらどうしますか?

2018-05-08 09:36:29

夏の到来とともに、高温になり、電力使用量がピークになります。暑い天気のため、時々意外な事件が発生します。火災現象と言いますが、火災の時はどうしますか?今日の小編は私はちょっと分かち合いに来ます:突発的な事故の処理の2:火災に出会ってどうしますか?

工具/原料です

冷静な頭、警察への通報、自力更正です

方法/手順です
1

まず、火事に遭った時、皆さんは決して慌ててはいけません。慌てていると火事とは関系のない事故が発生します。踏みつけ、転落などです。そんなときは冷静になって、火事の場所や範囲、脱出口の有無などを素早く判断します。

2

すぐに火災の通報をして、つながったらすぐに火災の場所、出火の原因、火の手がどうなっているかを知らせて、自分の名前を名乗れば、消防士がすぐにあなたを見つけるのに役立ちます。通報が済んだら、自分の身のまわりにあるものを使って、なんとか火を消します。

3

火災が発生した後に、煙は私達の呼吸によって吸入器に入ることができ(ありえ)て、失神あるいは窒息を引き起こしやすいです;煙がもうもうと上がっていて視界も悪く、前の路盤の物がよく見えません。火災で発生した煙は上に上がってきますので、体をかがめたり、地面に四つん這いになったりして、濡れたタオルで鼻や口をふさいで煙の吸い込みを防ぎましょう。タオルがなくても、自分の服を水にぬらしてタオルとして使うことができます。

4

階段に着いたときに火がついていて、まだ火の手が上がらないときは、自分の体を水で濡らして、すばやく安全な場所に駆け降ります。火の手が大きければ、階段から外に出ることはやめるべきです。

5

戸口が封鎖されていたり、封鎖されていたりする場合は、別の非常口を探して、ベランダや窓、鉄製の水がゆっくりと滑り落ちてくるか、シーツを一枚一枚ちぎって長い紐で結び、紐を外に放り投げてロープで滑り落ちます。

6

このページは自分の経験から得ました

注意事項です
1

特発状況での自力更生法を身につけることが本当に大切です!

2

小さな経験で、足りないことがあれば、ご了承ください。もし役に立つことを感じるならば、いらいらして投票してください、以資激励:もし疑問があるならば、あなたは伝言を残すことができて、私は必ず返事を返します!

推奨情報