データ#データ#

1989現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

建築保温用珪酸カルシウム板の施工のポイントです

2018-05-01 14:24:09

人々は石灰(各種のカルシウムの材料がすべて使うことができて、セメントなどのようです)、石英の粉(各種のシリコンの材料がすべて使うことができます)を主体にして、繊維で材料を強化して水を加えて混合して作った板の生地を作って、更に蒸圧して養護した軽い質の板を珪酸カルシウムの板と言います。シリコンプレートは保温用と内装用の2種類があります。今日は保温用ケイ酸カルシウム板の内容に注目します。

方法/手順です
1

このページを無断で取得しました

2

耐火層は耐火れんがを使うことを保証しなければならない櫂積み耐火れんが灰いっぱい櫂を積んで、すきまを残さないで、炉を積んでパルプを脱ぐことを厳禁します。配用流し料は、流し料振働が緻密で蜂の巣の隙間を残さないことを保証し、耐火層、保温層全体が密封状態で運行しています。

3

保温層は珪酸カルシウム板を使用して旋風と難しい部位に施工して、必ず「2」項の中の施工規定によって操作しなければならなくて、すきまの蜂の巣の中から風量が大きいため発生して耐火層、保温層の時間を抜く現象の発生を避けるべきです。生産ラインの操作安定性に影響します。

4

ケイ酸カルシウム板製品は、働的加熱ゲル法で生産された結晶複合材料であり、火気による高温焼成は厳禁です。直火で高温焼成すると、製品の外観状態が変化し、繊維の焼損量が増加し、軟化により製品が収縮し、耐用年数に影響を与えます。

5

施工監督者は厳格に施工の要求に従って、高度に責任を負って、精密な施工、科学、耐火層、保温層の全体的な強度を確保します。

推奨情報