データ#データ#

599現在のオンライン
200今日の読書
50今日のシェア
多言語ディスプレイ

湾ドライブコースです

2018-03-27 20:48:20

最東部、荒れ狂う海のほとりに、一山が空高くそびえ、これが瓊東第一峰と呼ばれる嶺です。嶺南、一碧万頃、海と空が果てしなく、波の音が絶えず、波しぶきが雪を舞い、その青く澄んだ海水は、見ただけで飛び降りて洗いたくなるほど、これが湾です。

手順/方法です。
1

湾浜湾は市嶺自然観光区に位置しています。島の、万泉河、岬に比べて、湾の名前はどこにもなくて、無名で、しかしこれはまさにその魅力的な秘密の所在です。辺鄙なため、人は少なくて、その自然の景観は破壊の難を免れて、完全な状態を保存します。青々としたジャングルの中を一本の道路で走って東へ行くと、ピョン自然観光地に出ます。

2

以前私は何度も行ったことがありますが、雑踏に比べて、にぎやかさが嫌いなら、ここは天国です。私たちが泊まったのは海に面したリゾートで、波の音が聞こえ、中華料理店はすぐ海辺に建っていて、足を10メートルほど下ったところにビーチがあり、湾の先に島の東端の嶺があります。

3

推奨ルート:1日目:飛行機で到着し、車で最東部の湾に向かいます。

4

午後は最も原始的な海洋天然石景公園に遊びに行って、海の神工斧師を悟って、夕方は地元の漁師と一緒に漁をして、海を耕す楽しみを肌で感じて、それから海を耕す収獲を持って帰って椰子の森の中でバーベキューをして、思う存分自分の収獲のすばらしい品を味わいます。夜になって、ガイドさんに連れられて、提灯と蟹籠を持って、浜辺に来ますと、潮はもう落ちて、残ったのは一匹一匹の大蟹が、籠の下の物になるのを待っていました。あとは波の音を聞きながら眠りにつくだけです。

5

2日目:朝食の後で、さわやかな朝の風に向かって、マウンテンバイクに乗って鑑賞する郷土の人情、海辺の風景のすばらしい景色、そして見ることができる現場の椰子の果実のパフォーマンスです。昼は漁家村に行って本場の漁家飯を食べます。午後は峠へ遊覧に行きます。3日目:朝は自由になり、砂浜、海水、日光を満喫します。午後は車で戻り、お土産を見学し、午後の便で戻ります。特徴的なプログラムです

6

パンツァーリッジ:州の最東端に位置します。攀山古道を通って、熱帯の雨季の低い林を観賞して、崖の上で遠く海を眺めます。

7

石頭公園:保存状態の良い石頭のビーチで、様々な形の石が1キロも続き、近くで波を楽しむことができます。

8

漁に出ます:深夜漁船に従って海に出て、夜明けにいっぱい積んで帰って、また魚市場をぶらぶらすることができます。田舎への遠足:緑豊かな熱帯のジャングルを通って、村を歩き回って、漁家のご飯を食べて、民俗風情を感じます。

9

観光のヒント:交通:湾市から108キロ、空港から80キロです;空港を出てタクシーを包んで行きます(約150元)、車でおよそ1時間半です。

10

宿泊:海星湾リゾートは麓にあります。美食:老海レストランの美食は忘れられないで、一方で地元の料理人のおいしい料理を味わって、無限の海を鑑賞して、本当に1種の貴重な楽しみです。

推奨情報