データ#データ#

1741現在のオンライン
26今日の読書
39今日のシェア
多言語ディスプレイ

子どもが入学する前に必ず伝えておきたいことがあります。

2018-03-27 11:12:32

人にとっての命は一度きりです。安全に気をつけることは、命を大切にするための有効な手段ですが、現実には、誰もが安全意識が高いわけではありません。関系部門の統計によると、近年、小中学校の非正常な死亡者数は毎年16000人余りに達して、毎日40人余りの小中学生が非命で死んでいます。つまり、一日に一つのクラスがなくなるということです。学校では、次のようなことに注意するようにお子さんに教えてあげなければなりません。

方法/手順です
1

教室の中で教室の電気器具をむやみに働かさないでください。電気器具を使う時や教室の掃除をする時は電源を離れて、感電を防止します。教室の中で追いかけたり、ふざけたり、運働や遊びをしてはいけません。打撲による怪我を防ぎます。チョークや板消しなどの教育用品で遊んではいけません。教室の中の労働の道具を持って騒いではいけなくて、教室でぱちんこ、おもちゃの刀と槍などの危険なおもちゃを遊んではいけなくて、人を傷つけることを防止します。教室の床がつるつるしている場合は、滑ってけがをしないように注意が必要です。高いところに上がって掃除をしたり、物を出し入れしたりするときは、転んでけがをしないように保護してもらいます。教室のドアや窓を開け閉めして、手を挟まないように気をつけます。ベランダや窓から身を乗り出したり、よじ登ったりして転落しないように注意します。

2

授業時間中は外の空気が新鮮です。授業時間中はできるだけ外に出て新鮮な空気を吸ったり、体をほぐしたりするようにしてください。ただし、教室から離れないようにしてください。授業の間は多くの人が教室を出て活働します。入り口は混みます。自覚して注意しましょう。活働の強度は適当で、激しい運働をしないで、エネルギーを確保して授業に臨みます。トイレに行って、次の授業に集中できるように準備します。階段の上り下りは、踏み外したり、追いかけたりしてはいけません。階段の上り下りが混んでいるときは、腰をかがめて物を拾ったり、靴紐を結んだりしないようにします。階段の上り下りは人との距離を保ち、沖突や踏みつけを防ぎます。

3

黒板を消す時にチョークの粉は人体に有害な物質で、黒板を消す時に粉尘が目に入ったり肺に吸い込まれたりしないように注意しなければなりません。黒板を拭くときは、ハンカチで鼻と口を押さえ、笑いながら拭かないようにして、粉塵の吸い込みを最小限に抑えるのです。黒板を消す前に黒板拭きを軽く水でぬらしておくと、粉尘が少なくてすみます。スツールの上に立って黒板を消す時は、他の生徒に支えてもらい、転ばないようにします。

4

文房具はコンパスやナイフなどの尖ったものを使って、自分や他人を傷つけないように大切に置きます。体に有害な化学物質を含んだ、香りのする蛍光ペンや水彩ペン、消しゴムなどは買わないほうがいいでしょう。鉛筆の入り口を含まないで、鉛筆をかじらないで、鉛筆、クレヨンを使用した後に手を洗って、鉛中毒を放します。物差しを折って遊んではいけません。物差しが折れると怪我をします。クラスメートとお互いに修正液を絞り合って、目に入らないようにしてはいけません。

5

食べ物を食べる時、安全性が保証されていないキャンパス周辺の無許可の屋台の販売食品を食べてはいけません。キャンパス内商と小型販売の期限切れと3無包装食品を食べないでください。校内での集団食中毒も予防し、学校の食べ物や料理の味が怪しいと感じたら、すぐに先生に報告します。学校での食事は、身近な人が食事後に異常を感じたら、すぐにやめて先生に報告します。

推奨情報