データ#データ#

1325現在のオンライン
60今日の読書
37今日のシェア
多言語ディスプレイ

100cstは何番ですか

2018-05-02 08:00:59

100cstはオイルナンバー40です。cstは油圧油の働きの粘度を指します。40℃では、22、32、46油圧油の粘度は、それぞれ22、32、46、10~50の要件を満たすことができます。粘度とエンジンの関係エンジンオイルのレベルは、通常の動作温度での粘度を重視します。エンジンが正常に作動する温度が100度の場合、エンジンを守るためには10cStのオイルが必要です。オイルは冷たいほど粘度が高くなります。添加物が入っていないミネラルオイルは、常温では粘度が大きくなってしまい、まったく潤滑効果がありません。これが100度で10cStだとすると、40度で100 cst、0度で250cStとなり、温度が低いほど悪くなります。寒冷地ではエンジンに必要な粘度よりも1000倍も粘度が高いこともありますこのとき、まったくエンジンがかかりません。エンジンをかけても、オイルが潤滑するところまでは届きません。これはエンジンが摩耗し、そのまま廃れてしまうこともあります。

推奨情報